2012年07月10日

2012年七夕調査

毎年、雨がちな七夕だが、もともとは中国からやってきた旧暦で行う行事。
goo天気の「七夕の星天率」によると
http://weather.goo.ne.jp/information/07/07.html
◆7月7日の過去10年間の晴れの天気の割合は、札幌と那覇で2年に1回、仙台や福岡で3年に1回、東京と大阪は10年のうち1回か2回しか星空を楽しめない、という星天率になる。

では、旧暦で行うとどうなるか?
国立天文台によると、
http://www.nao.ac.jp/astro/sky/2012/08.html
◆もともと七夕の行事は、太陰太陽暦の7月7日に行われていた。
この「伝統的七夕の日」は、二十四節気の処暑(太陽黄経=150°)を含む日か、それよりも前で処暑に最も近い朔(新月)の日から数えて7日目となり、毎年、日が変わり、2012年は8月24日、2013年は8月13日になる。この日の空模様は、梅雨明け後で晴天率が高く、月は夜半前には沈み、その後は天の川がくっきり見える観察条件となる、という。

2012年七夕に関するアンケート(インターネットリサーチ)
20歳以上の男女に「今年の七夕について」調査
調査実施日:2012年7月8日〜9日
対象:関東在住の20歳以上の男女
Q1:今年の“七夕”に、あなたがしたことについてお答えください。
(MA/16項目について、いくつでも回答可)
*昨年と同じ15項目に1項目<プラネタリウムを見た>を追加。
有効回答数:960/ 男性480名、女性480名
    
男女別集計・上位6項目  単位:%
image001.png

■子どもの有無・上位6項目
男性
image003.png
子ども有無別 (子ども有227、子ども無253)

女性
image005.png
子ども有無別 (子ども有271、子ども無209)

国立天文台 広報普及室が提供する図
ベガ(織姫)とアルタイル(彦星)とデネブが夏の大三角を形作っている。
縮小夏の大三角.jpg

本ウェブ調査のご利用に関するお問い合わせ等は <info@lapin.co.jp> へお願い致します。


posted by question at 19:44| Comment(0) | 七夕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。